医師との良好な関係を築くために、まずできることとは・・・?

ほんとは叫びたい!看護師の裏話

ドクターとの上手な付き合い方

ドクターってこんな性格が多い

「医者に変人が多い」と言うのは医療従事者の中では有名な話です。だから、医者と結婚をする看護師さんはめちゃくちゃ少ない。(私の周りだけ?)管理人は8年の看護師生活の中で1回転職した経験を持つんですが、どちらの病院も変人で溢れていました(笑)。性格にクセがあるんですよね。どう変人なのかを口で説明するのは難しいんですが、「おたく気質」なドクターが多いように感じました。なんというか、気になったものはとことん追い求めるんです。アイドル好きな先生・バンド好きな先生・マンガ好きな先生・車好きな先生・歴史好きな先生などいろいろ。最初はすごいな~って思っていても、追求心がとにかくハンパないので普通の私たちは引いちゃうんですよね。普通って何だっていうツッコミは受け付けませんよ!そしてドクターの性格を語る上で忘れてはならないのが、異様なプライドの高さ。その高さたるやエベレスト並みです。勉強一筋で生きてきて国家資格を有する彼らにとって、世の中で知らないことは無いというレベル。勉強会などでも意地悪な発言が目立ちます。※あくまでこれは管理人の偏った意見です!

ドクターともめるその前に・・・

さて、では先ほどご紹介した気分屋さんの医師との上手な付き合い方のコツについてご紹介します。
当時純粋(笑)だった私は、相手の言動にいちいち一喜一憂していました。冷たい言い方をされただけでも心の中では「えーん」って感じです。理不尽なことを言われれば心の底からイライラ!あまり人の悪口を言うのが好きじゃないので、結構一人で抱え込んでました。でもある日、先生にキツイことを言われてしょぼくれていた私を見た看護主任が、「大丈夫?」と声をかけてくれて・・・そこから溜まっていた感情が滝のように流れ出しました。先輩看護師に相談したときに教えてもらったのは、相手の気分に振り回されないこと。まず相手の言動で、湧き出た感情を頭の中で一旦ステイします。その感情を無視せずに、頭の中で本を読むように客観的に表現してみてください。「私はこの言葉に不愉快な気分になった」「先生が悪いのに、私が怒られるなんてとても理不尽なことだ」など。口に出したらアウトですよ!!絶対に心の中でお願いします!自分の中の感情を客観的に見つめなおすことで少し冷静になることができるそうです。冷静になったあとは、相手が正しいのか自分が正しいのかを決めて発言します。自分の中で気持ちを切り替えることは簡単ではありません。この方法は慣れないと時間が少しかかってしまいますので、「なんで黙ってんの!」とか言われないために派パッと切り替えれるように、まずは気心知れた身近な人で練習してみてはいかがでしょう?この苦手な先生とはすぐに離れることができたので試せませんでしたが、色々なシーンでも活用できるオススメの方法です!もちろん実証済み。

人気の記事

  • 手に職は強い!
    手に職は強い! 手に職をつける仕事とは何でしょう?レベルが高い仕事?市場でのニーズが高い仕事?勤務年数によって年収が上がる仕事?年齢関係なく働ける仕事?私たちが今持っている看護師免許というのは、こうやってみると全部当てはまるんですよね。私は今、育休中の身ですがもうそろそろ現場に戻ろうかなって思っています。オススメの看護師求人専門のサイトもご紹介してます。「仕事復帰したいけど・・・」と悩んでる方は要チェック!!
  • 夜勤明けでやっちゃったこと
    夜勤明けでやっちゃったこと 夜勤明けは、からだもこころもボロボロ・・・。みんな同じ人間ですから、注意力も判断能力も欠落してしまいます。そんな状況でやっちゃった管理人の失敗談をご紹介!今は笑って語れますが、当時は落ち込んでしまって大変でした。看護師経験のあるみなさまなら、きっと「あるある!」って思っていただけるはず!