優しい人ばかりじゃなかった・・・!看護師に多い性格とは?

ほんとは叫びたい!看護師の裏話

苦手な先輩・後輩

看護師ってこんな性格が多い

みなさん看護師についてどんなイメージを持っていますか?白衣の天使?優しそう?
いえいえいえいえ!!そんなことを思っているあなたはまだまだ看護師さんのことをよく理解できていませんねえ・・・看護師さんなら身にしみて分かっていますよね?
看護師って実は、「気が強い」人の集まり。生まれつきじゃないですよ?もちろん福岡に限った話でもありません!自然にそうなってしまうのです。看護師はいつも時間に追われています。忙しい中でも日々の業務をサクサクこなしていかなくてはなりません。どんな天使でも、少しずつ性格がきつくなっていくのです・・・。申し送りやミーティング、勉強会など発言する場所で黙っているなんて先輩看護師やドクターが許しません!難聴の患者さまに大きな声で話すのが恥ずかしい、なんて言ってられないのです!医療業界で生き抜くために、自己主張は看護師にとって必要なスキルの一つなのです!

いじわるな先輩

私ってもともと、マイペースでおっとりした性格なんです。今でこそこんな性格(どんなだよ)ですが、新人の頃なんかは先輩によく意地悪されていました。特に相性が悪かったのは、何でもテキパキ素早く動くA先輩。ノロマな私をいつも冷たい目で見ていました。冷たいのは目だけではなく口調も。「なにしてんの?」「まだそれやってるの?」とか・・・なんか質問しても「だからさぁ」とかもうとにかくすっごい冷たいんです。そのA先輩への苦手意識からさらにおどおどするようになって、すごく悪循環な時期もありました。そんなこんなのとある日、初めて「患者さまの前」で怒られたのです!インシデントに繋がるような大きなミスではなく、後で注意しても良いような内容でした。悔しくて流れそうになる涙を患者さまの前では流せないと、マンガのように唇をかみ締めなんとかこらえました。そしてこの日を境に私はめちゃくちゃテキパキお仕事をするようになります。とまあこれは私の新人時代の出来事です。私のブログに届く他の看護師さんを見ていても、後輩いびりをする先輩ってすっごく多いんですよね。そして、病院を変えても似たように嫌な先輩って一人はいる。これ鉄則です。職場を変えるよりも、まず自分を変えてみることから始めてみませんか?

ごますり名人の後輩

みなさんの職場に相性サイアク!な後輩っていますか?管理人にはいました。通称「ゴマすり名人」です。看護師3年目になったときにプリセプターに選ばれました。そこで管理人のプリセプティになったのがこのゴマすり名人です。(のちのちあだ名はゴマへ変貌)最初はかわいかったゴマも、師長や主任に媚をうるようになりました。そうです、人によって態度を180度変えるのです!しゃべりも上手いから患者さまやドクターなんかにも人気があったりして・・管理人みたいにマイペースで気の弱そうな先輩には興味なし!仕事で注意しても、「あ~ほんとだ~」とか・・・謝罪の言葉ないの!?ってもう何回言ったか分かりません!そしてちょいちょいタメ口。時効の今でも思い出すと軽くイライラします(笑)

人気の記事

  • 手に職は強い!
    手に職は強い! 手に職をつける仕事とは何でしょう?レベルが高い仕事?市場でのニーズが高い仕事?勤務年数によって年収が上がる仕事?年齢関係なく働ける仕事?私たちが今持っている看護師免許というのは、こうやってみると全部当てはまるんですよね。私は今、育休中の身ですがもうそろそろ現場に戻ろうかなって思っています。オススメの看護師求人専門のサイトもご紹介してます。「仕事復帰したいけど・・・」と悩んでる方は要チェック!!
  • 夜勤明けでやっちゃったこと
    夜勤明けでやっちゃったこと 夜勤明けは、からだもこころもボロボロ・・・。みんな同じ人間ですから、注意力も判断能力も欠落してしまいます。そんな状況でやっちゃった管理人の失敗談をご紹介!今は笑って語れますが、当時は落ち込んでしまって大変でした。看護師経験のあるみなさまなら、きっと「あるある!」って思っていただけるはず!