なかなか聞けないお金の話。今の給与に不満がある看護師さん、ぜひご覧下さい!

ほんとは叫びたい!看護師の裏話

仕事の量=給料にはならない!

こんなに仕事が大変なのに給料が安い

はじめて会う人に職業を聞かれて看護師と答えると、「いいなぁ~!高給取りで。」と言われることが多々あります。その数だけ無性にイラッとするのは私だけでしょうか(笑)高給与・・・確かに同年代のOLさんなどと比べると高めです。でも看護師の業務内容からすると、見合っていないと叫びたくなります。看護師のお仕事が危険・きたない・きついの3K職種というのは有名なお話。でも最近はそれに加え、規則が厳しい・休暇が取れない・給与安い・婚期遅い・化粧のらない・薬に頼って生きている・・・と9Kに増えているそうですね。現役ナースなら周知のことでしょうが。これらのネガティブワードから想像できるように、看護師のお仕事はとっても大変なんです。おそらく、今の給与に満足しているのはほんの一握りなんじゃないかな~って思います。

首都圏の給与の高さ

日本全国、医療機関あれば看護師あり。看護師不足の今、求人を探すなんて簡単ですよね?
お仕事探しの前に知っておいてほしいのが、地域によって収入に差があること。平成24年度の厚生労働省の調査結果によると看護師の平均収入が最も多い県が東京都の518万円。最も低い県が宮崎県の395万円です。働く場所で120万円以上の差が出るなんて・・・!なんとも切ない話です!給与の高い秘密はズバリ地域格差。看護師に限ったことではありませんが、首都圏は地方に比べて物価が高め。なのでそれに見合わせた給与も必要です。さらに首都圏は、人口が多く病院やクリニックなどの医療機関を利用する人もたくさんいます。そのため、規模が大きく高待遇な医療機関が集中しているのです。
私の住む福岡でも毎日たくさんの求人数を目にします。さらに一般企業とは違い、選べる立場。でもちょっと待って!どうせ働くなら、給与アップを目指してみませんか?

給与アップ大作戦

手っ取り早く給与アップするなら首都圏へGO、と先ほどお話しましたが、みんながみんなそんな方法を選べるわけないですよね!住み慣れた場所で地域医療に貢献したい方や、愛する旦那さまの転勤で地方に来てしまった方などいろいろいらっしゃると思います。
代表的な給与アップの方法は、認定看護師や専門看護師などの資格を取得すること。時間を有しますが、一度取ってしまえば転職の際にも有利です。平均2~3万円程度の月給アップが見込めるでしょう!次の方法は勤続年数を重ねること。うん、これはとても初歩的なことですね。でもそんなに時間をかけたくない!そんなあなたには思い切って転職をオススメします。首都圏に行けって言っているわけではありませんよ(笑)「看護師専門の転職支援サイト」を利用すれば、コンサルタントがあなたの希望に合う条件の職場を見つけてくれます。がんばって探さなくても、きっと給与アップできる病院と出会えるハズ!

人気の記事

  • 手に職は強い!
    手に職は強い! 手に職をつける仕事とは何でしょう?レベルが高い仕事?市場でのニーズが高い仕事?勤務年数によって年収が上がる仕事?年齢関係なく働ける仕事?私たちが今持っている看護師免許というのは、こうやってみると全部当てはまるんですよね。私は今、育休中の身ですがもうそろそろ現場に戻ろうかなって思っています。オススメの看護師求人専門のサイトもご紹介してます。「仕事復帰したいけど・・・」と悩んでる方は要チェック!!
  • 夜勤明けでやっちゃったこと
    夜勤明けでやっちゃったこと 夜勤明けは、からだもこころもボロボロ・・・。みんな同じ人間ですから、注意力も判断能力も欠落してしまいます。そんな状況でやっちゃった管理人の失敗談をご紹介!今は笑って語れますが、当時は落ち込んでしまって大変でした。看護師経験のあるみなさまなら、きっと「あるある!」って思っていただけるはず!